社長あいさつ

代表取締役 大貫喜一郎ホーライは昭和24年長野県須坂市にパン製造業として創業しました。
今年で69期を迎えますが、創業の製パン業から第二の創業である冷凍生地メーカーへの業態転換へと月島食品工業の支援による平成10年の現本社工場の竣工から、今年で20年目となりました。
これまでの皆様のご支援・ご指導に感謝を申し上げる次第であります。

月島食品グループの一員として、全国の主に製菓・製パン・外食関係のお客様へ付加価値ある冷凍パイ・ビス生地および組立加工製品をお届けしておりますが、時代の変化による価値観の多様化に対応しながら、要求される製品の安全性・高品質にはこだわりを持ち続け、より感動を与える製品づくりに努め、常にお客様から選ばれ続ける会社として、従業員一同これからも真摯に取り組んで参ります。

安全・安心な製品づくりにおいては、平成13年から日本パン技術研究所によるAIBフードセーフティ指導を受け始め、これまで現場重視の教育主義のもと、毎月の内部検査とさらに毎年2回の非通知による外部からの監査において毎回高い評価を頂いており、これからもさらにお客様の信頼に応えて参ります。

高品質で感動を与える製品づくりにおいては、加工油脂・チョコレート・冷凍生地などの製造をはじめとし物流・商社という機能からなる月島グループの生み出す独創的な技術・ノウハウ等のシナジー効果により、お客様には必ずお役立ちできる製品をご提供できるものと確信しております。

このような製品づくりにおいては、弛まぬ努力と前向きで主体的な人材の育成に欠かせぬ従業員の声を反映させる職場環境づくりが第一義かと感じており、従業員のやりがいや充実感を育み、働くうえでの成長と幸せを今後も大事にして参ります。

これからもお客様にとって、末永く貢献し続ける北信地区随一の食品企業を目指して努力して参りますので、今後ともご支援・ご指導のほどお願い申し上げます。