ホーライの企業力とは

ほんものはいつも輝いています。

グループパワー
ホーライの関連会社には、月島食品工業(食用加工油脂を主体とした総合食品素材の研究開発・生産・販売)を核として、東京フード(チョコレートおよびチョコレート関連製品の専門メーカー)、アペニンコーポレーション(物流・食品包装・倉庫保管事業)、むさしの製菓(和洋菓子の製造販売 )、月食商事(油脂製品、乳製品及び食品一般の販売)などがあります。これにより月島グループを構成し、各社が得意のノウハウと技術、情報などを提供し合い、食市場の発展に寄与しています。
ホーライの冷凍生地はパイ、クッキーの成型品が主体ですが、この成型品を生産するには多くの人手が必要となります。なぜ多数のスタッフを確保するのか。それは、お客様の多様なご要望に柔軟に対応して行くには、人材の配備が不可欠な要件であることと、地元雇用により社会貢献ができるという利点を生み出すからです。
長野県長野市若穂綿内。ホーライの本社・工場があるこの地は、四囲に名山を望む清流千曲川と犀川の合流する近くに位置しています。良質な地下水に恵まれ、おいしい生地作りのために感謝の気持ちをもって大切に使用しています。このすばらしい自然環境はホーライのもう一つの財産です。
安全性
食品メーカーの第一の責任は、製品の安全性を保持することです。そのためにホーライでは、すべての工程で監視の行き届く国内生産に徹し、品質管理に万全を期しています。
独創性
生地における冷凍技術開発の歴史はまだまだ浅く、それだけに、この分野の可能性は限りなく広く、エキスパートとしてのホーライには大きな役割が課せられているものと自負しています。これからもお客様の期待に応えるべく、研究開発部門を中心に、全社を挙げて“新しいおいしさ”の追求に取り組んでいきます。