湯ノ丸山

soumu Posted in ホーライ山遊会, 信州の情報発信No Comments »

花の100名山として知られている湯ノ丸山(2,101m)へ登ってきました。

長野県東御市の湯の丸高原の地蔵峠が登山口です。

レンゲツツジ祭りの最終日でしたがすでに花はほとんど散っていました。

でも、他の高山植物の花々があちこちでみることができ楽しめました。

このあたりにはトレッキングを楽しめる山々がたくさんあります。

駐車場には県外ナンバーの車がほとんどで全国から登山者がやってきていました。

今回の登山には山登り初心者2名を含め、計6名で湯ノ丸山をピストンしてきました。

心やさしい巨漢H君と子育て息抜き山ガールKさんの二人が初参加です。

DSC208653

 

 

 

 

 

二人の歩きをチェックしながらゆっくりしたペースで景色を見ながらのんびりと登りました。

晴天の7月最初の日曜日はすでに夏そのものです。

日差しは強く紫外線が肌に直撃してきます。

ただ、さすがに2000mの標高は涼しいの一言です。

ちょっと風が吹くだけでひんやりします。

この風が登山者の疲れを癒してくれます。

初心者コースの山とは言え、山頂直下の急斜面は息が上がります。

H君はこの急斜面との戦いとなりました。 仲間と伴に何度となく、大休憩を入れ、心拍数を調整しながらなんとか無事に山頂に到達しました。

山頂での360度の大パノラマと涼しさに感動でした。

そして恒例のもぐもぐタイムは気分も最高に盛り上がりました。

また、岩の上に大の字になり、気持ちをカラダで目一杯表現して満喫しました。

帰りは花や蝶をみたり、鳥の囀りを聞ききながら下山してきました。。

アフターは登山口にある食堂で昼食、そしてお隣のホテルの日帰りの湯で汗を流し、最後はおいしいソフトクリームを食べて、予定していた日程を終了しました。

山の魅力をメンバーの一人一人が感じてくれたのだと思います。

次回もまた誰でも参加できる楽しい山登りを計画したいと思います。

メンバーのみなさんお疲れ様でした。

DSC208628天を仰ぐ1DSC208625

 

 

 

 

by,H.M

飯縄山

soumu Posted in ホーライ山遊会, 信州の情報発信No Comments »

雪解けとともにトレッキングの時期がやってきました。

山遊会でのトレッキングは一年ぶりになります。

4月29日に新メンバーも加わり、総勢10名で飯縄山に登ってきました。

飯縄山は長野市民の山として親しまれ、信州百名山の一つでもあります。

山頂(標高1917m)からは360度の絶景を眺めることができます。

飯縄山を遠くから見ると場所によってはいろいろな形にみえます。

会社からみる飯縄山は左右バランスのとれた雄大な姿に見えます。

DS1C07451

 

 

 

 

 

長野市民なら小学校の学校登山で一度は登ったことのある山です。

メンバーの中には小学校以来というという人もいました。

登山道はいくつかありますが、今回は一番人気の南登山道から登りました。

南登山道は一の鳥居から始まる穏やかな斜面の登山コースで初心者向きです。

道脇には十三の小さな石仏があり、道しるべにして山頂をめざせます。

晴れ上がった素晴らしい天気となり、気温もかなり高くなり出しました。

DSC108281DSC108284

 

喉が渇き、水分補給をこまめにする必要もあり、休憩を多めに入れながらゆっくり登っていきました。初心者向きのコースであっても久しぶりの山行のため、膝に疲れを感じるメンバーもではじめました。

でも、みんな頑張って登っていきました。

山頂直下の西登山道との分岐点手前あたりから眺望が広がります。

汗だくで登ってきたメンバーは絶景を見たとたんに疲れを忘れていました。

北アルプスの山並みが手にとるように望めます。感動の一瞬です。

そんな時に春の日差しとともに耳元ではうぐいすの囀りが聞こえてきました。

感動の一瞬とともに心も癒されました。

南峰から北峰への稜線には残雪もあり、この時期にしか味わえない残雪歩きを体験することができました。

予定通りに山頂に到着することができ、山頂ではゆっくりと眺望を楽しみながら過ごすことができました。

DSC108290DSC108293

 

下山時には足に痙攣がでてしまったメンバーもいたので、休みをこまめにとりながらゆっくりと下山することにしました。

実は他のメンバーもかなり足にきている人も多く、ゆっくりペースがかえって良く、みんなの足への負担を軽くできた結果となりました。

そのお陰で無事にみんなそろって怪我なく下山をすることができました。

疲れた時には声を掛け合い、助け合う気持ちは登山の中から生まれた団結力のようなものを感じました。

そして、登山経験豊富なK君には大量の水を背負って登ってもらい、水分補給にメンバーが助けられました。感謝したいです。

春と言えど日差しが強く油断していた肌が真っ赤に日焼けしていました。

これも良い思い出とすることができ、最高の山登りとなりました。

参加してくれたメンバーのみなさんお疲れ様でした。

今回、都合が悪く参加できなかった方、次回の参加をお待ちしています。

DSC108299

 

 

by,H.M

長野マラソン

soumu Posted in マラソン部, 信州の情報発信No Comments »

第20回記念長野マラソンが4月15日に開催されました。

長野マラソン_1DSC018141

 

今年は20回記念とあって過去最多の9,812人が出走しました。

毎年参加していたホーライの女子アスリートのMTさんは当日に体調を崩してしまい、残念ながら出場できませんでした。来年に期待しています。。

その分、所属団体をホーライでエントリーした私が出場してきました。

雨の中でも逆境に強い私、老骨に鞭を打ってみごと完走してきました。

気持ちは若いつもりで止まることなく3時間50分で完走。

一応サブ4を達成しました。ベストタイムではありませんでしたが、悪条件の中ではまずは良い結果と思っています。

今大会は記念すべき20回大会でちょっと気持ちも入りました。

当日スタート前に、スタート地点にある石綿八幡神社でお参りして、完走御札とおみくじをいただき気合がこもりました。

DSC018144DSC108145

スタート地点には20回大会記念でモニュメントも設置されました。

スタート地点の0mの所あります。機会があったらみてはいかがでしょうか。

モニュメントは太陽の向きによっては地面に「0」の影が現れるようです。

今年は桜が散ってしまいましたが、沿道には傘の花がたくさん咲いていました。

雨ということで舗装されたコースでも水たまりができていて走り難く、全体的にスローな走りになり無理なスタートからのつっこみもなく悪天候でも一定のペースで楽しむことができました。

いつも苦しむ30㎞先では、ペースが落ちてきたのですが、廻りからの「頑張れ!」という声援が力に変わりゴールできました。

長野マラソン_2

 

 

 

 

 

沿道で今年も応援していただいたホーライの方々には感謝いたします。

研究室のO次長には昨年より大きなプラカードで応援いただきありがとうございました。

ホーライの文字が200m先から見えて、すごく宣伝になりました。

長野の市民ランナーにとってのイベント大会も無事に終わりました。

次ぎはホーライメンバーと小布施ハーフマラソン(7月15日)を走るのが楽しみです。

 

by,H.M

ホーライBlog is

株式会社ホーライ

こんにちは。冷凍生地、メロンビス等の専門メーカー「株式会社ホーライ」です。
四囲に名山を望む清流"千曲川"と"犀川"の合流する近く、信州は長野若穂綿内にあります。
当社の企業活動や信州の情報など情報発信しています。

カレンダー

2018年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

  • ホーライの品質管理AIBについて
  • カタログダウンロード
  • ホーライの子育て支援