「明日は節分」

soumu Posted in 研究開発部, 豆知識No Comments »

明日、2月3日は日本の行事の一つである節分ですね。

みなさん、豆まき&恵方巻きの準備は出来ていますか?

 

今回は節分について少々書きたいと思います。

 

まず、今年の節分は冒頭でも言ったとおり、2月3日です。

が、毎年2月3日になるとは限らないそうです。節分の次の日の立春の日は太陽の角度によって毎年、節分の日は前後するそうです。

なので、日付で覚えるのではなく、立春の前日が節分と覚えていたほうが良さそうです。

ちなみに先の話ですが2021年の節分は2月2日になるそうですよ。

 

意味と由来。

節分は字のごとく「季節の節目の分け目」です。季節を分けるという意味ですね。日本は四季があるので、立春以外にも立夏・立秋・立冬があるのでこの前日を節分といいます。

 

2月の節分は旧暦では今で言う大晦日が節分で、元日が立春と考えられていたようです。一年の始まりは立春から始まると考えられていたんですね。

しかし江戸時代から徐々に1月1日は年明けということに価値を置き始め、立春はだいたい2月4日ごろを指すようになり、前日の2月3日が節分となったわけです。

 

恵方巻きはいつ食べる?豆まきはいつやる?

どちらも2月3日の夜です。

恵方巻きは福を呼ぶため切らずにまるごとかぶりつきます。今年の方角は南南東と微南です。南南東の少し南寄りということです。少し南寄りって・・・こんな微妙な角度わかるのか・・・。

まっ!今年は南南東微南を向いて心の中でお願いごとを唱えながら1本食べきって下さい。

おしゃべりは厳禁ですよ~。

豆まきも夜です。鬼は夜にやってくるので、「鬼は~外」「福は~内」と大きな声で豆をまき、不幸は追い払い、福を呼び込みます。

鬼役のお父さんに思いきり豆をぶつけてやりましょう!(笑)

by,K.S

ホーライBlog is

株式会社ホーライ

こんにちは。冷凍生地、メロンビス等の専門メーカー「株式会社ホーライ」です。
四囲に名山を望む清流"千曲川"と"犀川"の合流する近く、信州は長野若穂綿内にあります。
当社の企業活動や信州の情報など情報発信しています。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別アーカイブ

  • ホーライの品質管理AIBについて
  • カタログダウンロード
  • ホーライの子育て支援